Skip to main content

日本ホームヘルパー協会

ホーム  理念と活動  支部  研修会・講師派遣  入会のご案内  会報誌・教材・図書  調査・研究  ヘルパーと訪問介護  サイトマップ   
講師派遣 > 出前講座 >  
日本ホームヘルパー協会出前講座事業は平成22年度を持って終了いたしました。現在、出前講座共催団体の募集は行っておりません。
引き続き、講師の派遣は行っていますのでご利用ください。

✽出前講座は、訪問介護の長年の経験をもつ当協会役員が、各地に出向き業務に役立つ研修をお届けするものです。
✽事業は、当協会と共催団体で「事務及び経費」を分担する「共催」により実行します。共催団体における地域でのネットワーク等を通じ、より多くの受講生を集めることにより、当協会及び共催団体にとって過度な経費・事務負担がなくメリットの多い研修となります。
✽下記をご確認いただき、当協会との共催を希望される団体は、「出前講座 共催団体申込書」により、当協会事務局までお申し込みください。
✽多数のお申し込みがありました場合、共催団体は、過去に共催の実績がない地域(団体)、または広報協力の状況等から決定させていただきますのでご了承ください。
1.本研修の主旨
 本研修は、訪問介護員の7割を占めている「登録・パート」ヘルパーを主対象としています。訪問介護の現場は登録や非常勤(パート)が支えているにも関わらず、研修の機会が少なく、様々な問題や悩みを抱えながら日々の業務に従事していると考えられます。本研修は、登録・非常勤(パート)ヘルパーの資質向上と業務における問題解決に繋がることを目的としています。
 また、「情報公表制度」にて事業所が行うべきとされている研修項目(7科目)のうち「感染症と食中毒の予防」を除く6科目を1日で学習できるカリキュラムとなっており、事業所の職員研修を支援する目的もあります。
※「感染症と食中毒の予防」については、保健師さんなどにより、事業所内研修で行っている場合が多いことから除外してあります。
※定員に余裕がある場合、常勤ヘルパーもご受講いただいて構いません。
2.要綱とカリキュラム
 要綱とカリキュラムの基本的な部分は既に出来上がっております。【添付資料Ⓐ】のうち「網掛け部分」について、共催団体の実状に応じ調整いただきます。
 【添付資料Ⓐ:平成22年度出前講座カリキュラム・講師
受講料は500円~3,000円程度でお願いしております。会場代、募集に係る宣伝費、通信運搬費等、共催団体の経   
 費負担を考慮して決定してください。
※研修の主旨に則り、受講料をできるだけ低く抑えて実施いただくことをお願いいたします。
※定員は、会場の関係と受講生をどの程度集められそうかによって決定してください。おおむね100名程度でに実施とな
っております。
※カリキュラムの開始時間、休憩時間等はご相談に応じます。
3.教材
講義は当協会オリジナルの「レッスンノート」を用いて行います。
その他、理解を深めるために「資料集」などもご用意いたします。
 
4.事業の実施方法
 事業は共催団体と当協会で「事務及び経費」を分担し「共催」により実行します。
 
具体的に、共催団体のご担当は、次の①~⑥に係る「事務及び経費」となります。共催団体において想定される事務作業等は添付資料Ⓑをご参照ください。

①会場借り上げ、機材借り上げ

②参加者の募集、広報

③参加申し込み受付、名簿の管理

④受講決定通知の作成、発送

⑤研修会当日の事務作業

⑥修了証の配布

参考までに、過去の共催団体の支出科目を記しておきますと、
・借料損料(会場・機材代等)
・通信運搬費(広報に係る郵便・fax代等)
・消耗品費(広報に係る封筒、文具代等)
・会議費(当日の講師・事務員等のお茶・昼食代等)となっています。
【添付資料Ⓑ:共催要綱
参加費収入はすべて共催団体の収入となり、これをもって、上記①~⑥の運営をしていただきます。なお、過
 去の実績上、共催団体の支出が収入を上回り、持ち出しが発生したことはありません。

※当協会では、レジュメ(レッスンノートや資料集)の作成と人数分の納品、講師の派遣(旅費の負担)、人数分の修了証
 の作成等を行い、その経費を負担します。(修了証は、共催団体が管理した参加名簿をご提出いただき、当協会で人
 数分を作成するという手順になるため、共催団体には、共催団体の代表印を押していただく作業が生じます)。
5.過去の実績
 本研修は平成18年度から開始した事業で、平成22年度までに全国24箇所で実施し、2,200名以上の訪問介護員の皆様にご受講いただいております。
 
                                                       【過去の開催地 ( )内は共催団体】

平成18年度

平成19年度
岩手県(財団法人岩手県長寿社会振興財団)

北海道(財団法人札幌市在宅福祉サービス協会)

秋田県(財団法人秋田県長寿社会振興財団)

大阪府(大阪府立介護情報・研修センター)

広島県(広島県シルバーサービス振興会)

宮崎県(宮崎県介護実習・普及センター)

福島県(福島県ホームヘルパー協議会)

宮城県(日本ホームヘルパー協会仙台支部設立準備会)

熊本県(財団法人総合健康推進財団九州事務局)

島根県(日本ホームヘルパー協会島根支部設立準備会 

      事務局 有限会社えるだー)

平成20年度

平成21年度
秋田県(財団法人秋田県長寿社会振興財団)

神奈川県(特定非営利活動法人市民セクターよこはま

後援:横浜市)

京都府(京都よみうり文化センター)

島根県(島根県ホームヘルパー協会)

大阪府(大阪府立介護情報・研修センター)

三重県(三重県ホームヘルパー協会)

宮城県(日本ホームヘルパー協会仙台支部設立準備会)

東京都小笠原村 母島・父島((福)明老会) 

大分県(大分県社会福祉介護研修センター、

     大分県ホームヘルパー協議会)

東京都八丈町(八丈町)

広島県(府中町社会福祉協議会)

 平成22年度

愛知県(日本ホームヘルパー妖怪愛知県支部

設立準備室事務局 社会福祉法人サン・ビジョン

ホームヘルパーステーション第2グレイスフル春日井)

長野県(上伊那ブロック社協ホームヘルパー部会)